保険を安くしたい!サラリーマン家庭の必要最低限の保険とは?【FP解説】

小さな子供がいるサラリーマン世帯は保険にお金を費やす余裕がないため、必要最低限の保険だけ加入したいという方も多いでしょう。その場合、一体何の保険に加入するのがよいのでしょうか。FPに解説していただきました。

 

夢子
はじめまして、管理人の夢子です。このページではFPの「のん」さんに、「保険を安くしたい!サラリーマン家庭の必要最低限の保険とは?」ということで解説して頂きます。

 

小さな子供がいる世帯は保険にお金を費やす余裕がないため、必要最低限の保険だけ加入したいという方も多いでしょう。その場合、一体何の保険に加入するのがよいのでしょうか。

 

FPの「のん」さんに相談しました。
サラリーマンに必要最小限の保険のアドバイスは、保険の無料相談で聞いてみましょう。
サラリーマンに必要最小限の保険のアドバイスは、保険の無料相談で聞いてみましょう。。保険無料相談ではシミュレーションしながら、わかりやすく説明してくれますよ。上手に利用しましょう。

 

若いうちは「ないと困る」保険だけ選ぶようにしましょう

保険が生活費を圧迫しないか注意!

保険契約は、保険料をきちんと支払い、
契約を継続しなければ意味がありません。

 

毎月の保険料の支払いが生活費を圧迫し、
辛い思いをしながら生活するのは本末転倒です。

 

保険の前に何よりも大切なことは、家族の笑顔と健康なのです。

家族の笑顔と健康

まずは保険料を無理なく払い続けられる
「月々の保険料額の設定」を行いましょう。

 

あなたにとって、ないと困る保険は何でしょうか。

 

 

保険料額の予算をたてたら、
保険を契約する際に必ず理解しておかなければならないことは、
「何のために保険が必要なのか」ということです。

 

 

保険はあるに越したことありません。

 

 

でもそうすると、死亡保険もあったほうがよい、医療保険もあったほうがよい、がん保険ももちろん、学資保険だって・・・と、全種類の保険に加入しなくてはならなくなってしまいます。

 

「あったらいい」ではなく、「ないと困る」保険を見つけていきましょう。

 

 

夫が死亡しても大丈夫!?住宅ローンの支払い

一家の大黒柱に万一のことがあり死亡してしまったら、
その後の生活費として多額の死亡保険金が必要だ!と思いがちです。

 

しかし、家を購入している場合は、住宅ローンがまだ返済途中であっても、
民間の住宅ローンを組む際に「団体信用生命保険」という
保険契約をしていることが一般的ですので、
この保険が残りの住宅ローンを支払ってくれるので心配ありません。

 

また、子どもを連れて実家で面倒をみてもらえる場合や、
妻もそれなりの稼ぎがある場合にも、
夫の死亡保険はそこまで重要でないかもしれません。

 

画像の説明

夫の死亡保険が必要なのかどうか、次のようなことをチェックしてみましょう。

勤務先の福利厚生は要チェック!

勤務先の福利厚生の内容を把握しておくことも重要です。

 

内容が充実している健保組合によっては、
ケガや病気で長期の治療が必要になると、傷病手当金のみならず、
治療費を負担してくれる場合や、家族が死亡した場合に、毎月年金を支給してくれる場合もあるのです。

 

そうすると収入保障保険や医療保険などは必要なくなってきます。

 

しかしながらこの場合は、退職すると使えなくなるため、
退職の前には民間の保険に頼る必要がでてくるかもしれません。

不要な保険を洗い出す!

保険は「あったらいい」ものなので、
あれもこれもと検討し始めるときりがありません。

 

そのため、事前に必要のない保険を洗い出しておくことが
無駄を省くポイントになります。

 

月々の保険料額の目安はいくら?

「月々の保険料額の予算」は、継続して支払い続けられる金額で、
支出にあたる保険商品と、資産形成にあたる保険商品とを分けて考えます。

 

月収の1割程度が目安

<月収の1割程度が目安>と謳われている月々の保険料額の目安ですが、
同じ月収でも、世帯主の年齢や子供の数、現在の資産残高によって
必要な保障と支払い可能な金額は異なるため、
将来必要なお金と、現在準備できているお金の両面から判断しましょう。

 

月々の保険料額の目安

 

ライフマネープランから保険を検討する

将来のことはどうなるかは誰にもわかりませんが、
なるべく無駄なく保険を選ぶためには、
家庭のライフマネープランをたてることをお勧めします。

 

資産形成にあたる貯蓄性保険の場合

子どもの進学にあわせ、支出となる生活費、住宅費、教育費が
その都度いくらかかってくるのかを時系列で割り出し、
そこに収入となる給与、賞与、退職金、年金額などを割り当てて、
いつのタイミングでいくら足りなくなるのかを算出します。

 

そうすると、例えば第一子が高校進学時に教育費が足りなくなりそうだとわかると、
その時期と不足額に合わせて貯蓄性の高い保険を契約すれば良い
ということになります。

 

支出にあたる掛け捨てタイプの医療保険等の場合

病気はいつかかるか予測がつかないため、プランをたてるのは困難ですが、
健康保険の傷病手当金の額や、高額療養費制度の自己負担額を把握し、
万一病気になった場合にいくら補てんが必要なのか見当をたてておくことは必須です。

 

高額療養費制度があるため、
月々の医療費の自己負担額は一般的には最大10万円以下。
毎月10万円と生活費の貯蓄ができていれば医療保険は必要ないかもしれません。

 

現在手元にある余裕資金は一時払いの保険で増やす

子どもがまだ幼く教育資金が必要でないうちに、
できるだけ将来の教育資金を貯蓄しておかなくてはなりません。
子どもが何人いて、それぞれにどのような教育を受けさせてあげたいかによっても、
必要な金額とタイミングは違ってきます。

 

今手元に、すぐに必要でない余裕資金が100万円以上ある場合は、
保険料を一括で支払う終身保険もしくは低解約返戻金型終身保険を契約し、
少しでもお金を増やして、将来の生活費や子どもの教育資金に充てられる
準備をしてはいかがでしょうか。

 

 

 

夢子
FPののんさんに、サラリーマン家庭の必要最低限の保険とは?ついて解説して頂きました。
サラリーマン家庭の必要最低限の保険とは?については、保険無料相談で聞いてみましょう。
サラリーマン家庭の必要最低限の保険とは?については、保険無料相談で聞いてみましょう。保険の無料相談であれば、無料でシミュレーションをして教えてくれてアドバイスをくれますよ。
上手に利用しましょうね。

女性保険ランキングはこちら

 

 

最新情報をチェックしよう!
>絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

週刊現代さんからお借りしてきた記事。 この記事をみたら、きっと「保険無料相談は3か所以上利用しないとだめだな」って思うと思うよ。

CTR IMG