女性保険と医療保険の違い | 女性保険に入るならいつがいい?【FP解説】

女性保険とは、女性特有の病気に手厚い給付がされる医療保険のことです。女性保険にいつ加入すればいいのか迷いますね。では、実際に女性特有の病気はどんなものがあって、何歳頃で発症しているのか確認しながら、女性保険の加入時期について解説します。

 

女性保険と医療保険はどこが違うの?

女性保険とは、女性特有の病気に手厚い給付がされる医療保険のことです。

 

女性保険にいつ加入すればいいのか迷いますね。では、実際に女性特有の病気はどんなものがあって、何歳頃で発症しているのか見ていきながら、女性保険に加入すべき時期についてみていきましょう。

 

今回は、ママFP「のん」さんに、「女性保険と医療保険の違いは? 女性保険に入るならいつがいい? 」ということで、解説して頂きます。

 

このブログについて

 

夢子
こんにちわ、管理人の夢子です。

このブログは、今まで15回の保険無料相談を体験した夢子が、保険の無料相談の体験談や、しつこかった保険無料相談などの情報を紹介するブログです。

 

夢子の体験も見て下さいね。↓↓↓

関連記事

「保険無料相談ってしつこい勧誘があるんじゃないの」と心配している方へ。15回以上保険無料相談を利用した夢子が体験した、しつこい勧誘があった保険無料相談を、実名入りで紹介します。   >[…]

 

また、夢子が保険料を安くできた具体的な方法も紹介しています。

 

「保険料を安くしたいなぁ」と思っている方は、こちらもご覧くださいね↓↓↓

 

関連記事

最近では持病があっても入れる保険が多くなってきています。ただ、持病があっても入れる保険は、保険料が高くなる場合があります。持病があっても入れる保険を選ぶときに、割安で入れた方法について紹介します。   持病があっても保険って入[…]

【おすすめ記事】夢子が夫の『病気があっても入れる保険』の高い保険料を安く切り替えができた方

 

それでは「のん」さんに「女性保険と医療保険の違いは? 女性保険に入るならいつがいい?」ということで、解説して頂きます。

 

夢子
それではのんさんお願いします。

 

のん
はい、それではここからは「のん」が解説します。よろしくお願いします。

 

女性特有の病気を手厚く保障してくれる女性保険

女性保険とは、女性特有の病気に手厚い給付がされる医療保険のことです。

女性保険にいつ加入すればいいのか迷いますね。では、実際に女性特有の病気はどんなものがあって、何歳頃で発症しているのか見てみましょう。

 

女性保険が保障してくれる女性特有の病気

女性特有の病気とは、子宮内膜症、子宮筋腫などの女性器における病気、乳がん、子宮頸がんなどの女性の特有のがん、切迫流産、帝王切開手術などの出産に関する異常が挙げられます。

 

かつては、女性特有の病気と言えば30代からリスクが高まると言うのが一般的で、がんは40代以降にリスクが高まるとされてきました。

 

しかし、子宮内膜症、子宮筋腫と言った不妊や流産の原因ともなりえる病気は20代が多いです。

 

子宮内膜症については10代の患者さんもいます。

 

はっきりとした原因はわかっていませんが、昔に比べ女性の性成熟が低年齢化していることや、生活スタイルの変化が原因ではないかと言われています。

 

 

女性特有の病気は、20代から既に発症するリスクが高い

婦人科系の病気は、女性ホルモンが活発になる出産適齢期の女性がかかりやすく、閉経が近づくと病気になりにくくなります。

 

婦人科系の病気は、そのまま放っておくと症状が進み、不妊の原因となってしまうことがあります。

 

早期発見、早期治療をすれば大事には至りませんので、きちんと治療することが大切です。

 

がんについても、最近子宮頸がんは若年化してきており、子宮全摘出となり出産できなくなる20代30代女性も増えています。

 

女性特有の病気は、20代から既に発症するリスクが高いことを理解しておきましょう。

 

妊娠を考えたら女性保険への加入の検討を

妊娠出産に関する異常についてはどうでしょうか。

 

切迫流産や早産は女性自身が健康であってもなってしまうことがあります。

 

本人の健康とは関係がありませんので、予測も難しいです。

 

帝王切開は、いまや10人に1~2人くらいの割合で行われている手術です。

 

健康保険が適用にはなりますが、普通分娩と比べ、産後の回復も遅く入院日数も長いです。

 

産後の回復が遅いことによって予定外の出費があることも考えられますので、出産の際の手術に備えておくことはとても大切です。

 

また、既に妊娠している場合は医療保険に入れないことがほとんどで、もし入れても妊娠出産は支払の対象にならないなど不利になってしまいます。

 

妊娠を考えるようになったら女性保険の加入をおすすめします。

 

女性保険に加入するなら20代での加入がおすすめ

 

女性保険に加入するならば、20代のうちからから加入することをおすすめします。

 

保険は、結婚してから検討する人が多いですが、女性特有の病気は20代からリスクがあることを踏まえて備えたほうが安心です。

 

また、最近の女性保険は一生保障されて保険料も上がらないタイプが多いです。

 

その場合は、20代で加入すると保険料が安くなりますので、60歳払い込み終了にして割高の保険料を払ったとしてもあまり負担にはなりません。

 

 

 

のん
以上「FPのん」が、お届けしました。

 

夢子
「のん」さん、ありがとうございました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

「女性保険に加入する時期はいつ?」については、保険の無料相談を利用してみるといいと思いますよ。

 

夢子が保険の無料相談を使い倒して安く保険に入れた体験談

夢子は保険の無料相談を使い倒して、保険に安く加入ができました。

 

夢子が保険を安くするために、保険の無料相談にオーダーした方法を具体的に紹介していますので、お役立て下さい。

 

関連記事

最近では持病があっても入れる保険が多くなってきています。ただ、持病があっても入れる保険は、保険料が高くなる場合があります。持病があっても入れる保険を選ぶときに、割安で入れた方法について紹介します。   持病があっても保険って入[…]

 

2019年夢子のおすすめ保険無料相談

  • 保険見直しラボ
    4.5

    保険見直しラボ

    ・確実に相談したいければ、保険見直しラボがおすすめ。
    ・全国約60拠点と訪問型保険代理店では最大級!
    ・約30社の取扱保険会社(他保険代理店と比べてもトップクラス)から、ピッタリの保険をオーダーメイド。
    ・平均12.1年と競合他社(他保険代理店、他FP紹介サービス)の中では NO.1のベテランFP揃い!
    ・何度でも無料で相談できる。
    ・強引な勧誘は一切なし。

  • 保険コネクト
    4.7

    保険コネクト

    ・夢子のイチ推しの保険無料相談。
    ・窓口オペの対応は、悪い場合もある。
    ・だけど、それを補って余りある「保険FP」の態度と提案内容。
    ・キャンペーンは「もれなくプレゼント」と「WELBOX」のキャンペーンあり。
    ・WELBOXは、ステイ&リフレッシュ:全国約26,000の宿泊施設と、15万以上の海外ホテルが会員価格でご利用いただけます。
    ・ライフサポート:全国約40,000施設の健康・育児・スポーツなど、さまざまな生活メニューが利用できます 。

  • 保険マンモス
    4.1

    ・保険無料相談の老舗。
    ・日経BPのランキングで、主要部門で第一位を獲得。
    ・希望する場所・時間に合わせて、FPが訪問し、面談形式でアドバイス。
    ・初回の面談は、現在の保険加入内容の診断や家計の状況をヒアリング。二回目以降の面談では、お客様に必要な保険プランの提案や家計改善のポイントなどをご説明。
    ・あくまで提案なので、保険に加入しなくても大丈夫。
    ・担当FPの態度に至らない点などがある場合は、相談の中止または担当FPの変更をすることもできます。

 

こちらもおすすめ

関連記事

保険無料相談をしてポイントをゲットできるポイントサイトは大変ありがたい存在です。なんといっても、保険の選び方を無料でできて、しかもポイントまで獲得できるんですから。保険相談をしてポイントをゲットできるポイントサイトについて調べてみました。 […]

 

関連記事

保険無料相談をしてキャッシュバック。以前は保険無料相談して5000円の商品券ってキャンペーンがありました。だけどこのキャンペーンは2017年の4月で終了。そんななか、2019年9月末まで限定で、1万円以上キャッシュバックできる方法についてお[…]

最新情報をチェックしよう!
>絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

週刊現代さんからお借りしてきた記事。 この記事をみたら、きっと「保険無料相談は3か所以上利用しないとだめだな」って思うと思うよ。

CTR IMG