知ってます?保険の無料相談って公平中立じゃあないんだよ。だって週刊現代にそう書いてあったもの!

吸引分娩しても保険に入れる?吸引分娩後の保険に加入する際の注意点は?

「吸引分娩したあとでも、保険に加入できるのか」という点について、紹介したいと思います。吸引分娩は、お産の中でも多く見られる症状です。吸引分娩したあとでも、保険に入れるかどうかについて紹介します。

 

夢子
はじめまして、夢子です。保険FPさんに教えてもらった情報を紹介します。

吸引分娩した場合保険に入れる?

結論から言えば、「吸引分娩をしたから保険に加入できない」についてということはないそうです。

 

吸引分娩は、子宮口が開いているのに胎児が下がってこない場合、微弱陣痛、胎児の回旋異常などによる難産のときに行われる、処置のひとつですね。

 

このよく知られている吸引分娩ですが、吸引分娩は正常分娩と異常分娩とにわかれるのは知ってますか?

正常分娩(自費診療):医師が、医療処置の必要がないと判断した通常の分娩

異常分娩(保険診療):医師が、医学的に疾病と判断し診療を行った分娩

 

保険に入れるかどうかという判断で言えば、最近は緩和型(病気があっても入れる)の保険が充実しているので、保険に入れないということはないそうです。

 

夢子
保険に入れないということはないそうです。

 

緩和型保険であれば、吸引分娩経験後に医療保険に入る場合に、引き受け条件(保険に入るための条件)がつく場合があるということです。

 

吸引分娩の場合、保険適用となっていないのであれば、「正常分娩」ということになりますので、保険会社へ告知しても、「正常分娩ですので、一般の保険に加入できます」という判断になります。

 

反対に、吸引分娩の場合、保険適用となっているということであれば、「異常分娩」ということになり、吸引分娩したことを保険会社へ告知する必要があります。

 

この場合「特定部位の不担保」という条件が、付く場合もあります。ですが重ねて言いますが、「吸引分娩をしたから保険に加入できない」ということはないそうです。

 

吸引分娩経験の場合の「特定部位の不担保」とは?

特定部位の不担保とは

特定部位の不担保とは、医療保険の場合によく見られるケースです。

 

特定部位の不担保とは、「告知をしている部位(部分)については、手術や入院をしても、保険料は出ない」ということです。

 

例えば特定部位の不担保について一部紹介すると

 

  • 胃炎、胃潰瘍:胃・十二指腸に不担保
  • 乳腺のう胞:乳房に不担保
  • アレルギー性鼻炎、ぜんそく、肺気胸:気管・気管支・胸膜に不担保
  • 子宮筋腫、子宮内膜症:子宮・卵巣に不担保
  • 帝王切開:子宮・卵巣に不担保

 

などがあるそうです。

 

吸引分娩の場合の特定不担保について

流産、吸引分娩の経験がある場合の、特定部位の不担保とされた場合、保険加入後の異常妊娠・異常分娩に対しては、不担保とされる場合があるそうです。

 

つまり吸引分娩を告知して、医療保険に加入した場合、もし吸引分娩が異常分娩であると判断され、特定部位の不担保にあたるとされた場合、保険加入後の出産において、異常妊娠・異常分娩の対しては、保険が下りない場合があるということです。(保険会社の判断によるそうです。)

 

夢子
告知している以外の部分の病気については、保険は降りますので安心して下さいね。

告知違反はしてはだめよ

吸引分娩を体験しているにも拘らず、「特定部位の不担保になるのはイヤ!」ということで、告知を避けるということはやめましょう。

 

そのようなことをすると、「告知義務違反」ということになり、最悪の場合、保険を解約されてしまう場合がありますからね。

 

それまでの掛けてきたお金がゼロになっちゃいますよ。

 

次に「告知義務違反」をすると、どのような罰則があるのか紹介したいと思います

 

「本当はこわい」保険の告知義務違反をした場合の罰則

告知義務違反が見つかったらどうなる?

 

 

保険の告知義務違反とは、本来加入する際に「告知しなければいけなかった事項を、告知しなかった場合」告知義務違反とされます。

 

告知義務違反を保険会社が知った場合は、保険会社は保険の解除ができます。

 

つまり、吸引分娩を告知しないで保険に加入していた場合、その後再度吸引分娩で出産をし、手術給付金などの請求をした場合、保険会社が調査を行い、以前の吸引分娩で出産したことを発見したとしたら、今回の吸引分娩の出産では、手術給付金は支払われません。

 

もし保険会社が「悪質」だと判断した場合は、保険会社から契約の解除がされ、それまでに支払った保険金が、全て無駄になってしまうということです。

 

だから、絶対に告知違反をしてはだめですよ。

 

「告知義務違反は2年で消える」は都市伝説ですからね

 

 

以前は「告知義務違反は2年を経過すれば消える」などと言われたことがありました。

 

これは、保険の約款の中で、「2年以内は保険会社は、保険会社の裁量によって、保険会社から解約を申し入れることができる」という記載があるための、都市伝説であると思われます。

 

告知義務違反に2年という記載などはどこにもないそうですよ。

 

保険における告知とは、保険に加入するひとと保険会社との「契約」ですから、「告知違反」ということは、保険会社を「だました」ということになります。

 

最悪、悪質と保険会社が判断した場合は、「詐欺罪」として訴えられることもあるということです。

 

最近では病院のカルテデータなども全て電子化されていますので、過去の履歴など全て簡単に取り出すことができます。

 

従って告知義務違反をした場合は、簡単に見つかる場合もあるということです。

 

くれぐれも、「特定部位の不担保がイヤ」などと思って、告知義務違反をすることはやめましょうね。

 

吸引分娩は「正常分娩」と判断する保険会社もある。

 

吸引分娩は必ずしも「異常分娩」と判断されるものではありません。例えばオリックス生命のキュアレディーという医療保険では、

 

吸引は異常分娩にはならず、正常分娩ですので保険適用にならず、手術給付金も出ません。したがって告知の必要はありません。

との回答が紹介されていました。

 

つまり、「保険の適用とされない正常な分娩の場合は、手術給付金や入院給付金は支払われないから、告知の必要なないです。だけど、正常な分娩だから、保険金の支払いも無いです。」

 

というのが、オリックス生命のキュアレディーということですね。

 

オリックス生命のキュアレディは、吸引分娩の場合は、問題なく入れるということです。

 

これに対して、吸引分娩は異常分娩と捉えていて、保険金の支払いを行う保険会社もあるようです。

 

吸引分娩の保険の加入についてまとめ

保険のファイナンシャルプランナーさんに聞いてきた、吸引分娩で保険に入れるかどうかについて紹介します。

 

以下、まとめます。

 

吸引分娩には正常分娩と判断されるものと、異常分娩と判断される症状とがありますが、いずれにしても保険には加入できます。

例え吸引分娩が「異常分娩」と判断される症状だとしても、正直に告知して保険には加入しましょう。

告知が必要ない場合もありますし、「異常分娩」と判断されても、その部分のみ対象外として保険に加入したり、緩和型保険に加入するなどして、保険に加入する方法はいくつもあります。

告知義務違反だけは、行わないようにしましょう。

「吸引分娩」は症状によっては、正常な分娩と判断する会社もあります。

このような保険会社の場合は、「緩和保険」ではない、一般的な保険に加入することができます。

ただし吸引分娩を「正常分娩」と判断する保険会社の場合、「吸引分娩」では入院給付金や手術給付金などの保険金は降りないので、気を付けましょう。

 

保険の疑問はプロに聞くのがおすすめよ

保険は、わかりにくいから、保険のプロにおすすめよ。

 

今話題になっている、「定年後2000万円問題」についても、「本当はいくら必要なのか」優しく計算してくれるわよ。

 

  • 保険見直しラボ
    4.5

    保険見直しラボ

    ・確実に相談したいければ、保険見直しラボがおすすめ。
    ・全国約60拠点と訪問型保険代理店では最大級!
    ・約30社の取扱保険会社(他保険代理店と比べてもトップクラス)から、ピッタリの保険をオーダーメイド。
    ・平均12.1年と競合他社(他保険代理店、他FP紹介サービス)の中では NO.1のベテランFP揃い!
    ・何度でも無料で相談できる。
    ・強引な勧誘は一切なし。

  • 保険コネクト
    4.7

    保険コネクト

    ・夢子のイチ推しの保険無料相談。
    ・窓口オペの対応は、悪い場合もある。
    ・だけど、それを補って余りある「保険FP」の態度と提案内容。
    ・キャンペーンは「もれなくプレゼント」と「WELBOX」のキャンペーンあり。
    ・WELBOXは、ステイ&リフレッシュ:全国約26,000の宿泊施設と、15万以上の海外ホテルが会員価格でご利用いただけます。
    ・ライフサポート:全国約40,000施設の健康・育児・スポーツなど、さまざまな生活メニューが利用できます 。

  • 保険マンモス
    4.1

    ・保険無料相談の老舗。
    ・日経BPのランキングで、主要部門で第一位を獲得。
    ・希望する場所・時間に合わせて、FPが訪問し、面談形式でアドバイス。
    ・初回の面談は、現在の保険加入内容の診断や家計の状況をヒアリング。二回目以降の面談では、お客様に必要な保険プランの提案や家計改善のポイントなどをご説明。
    ・あくまで提案なので、保険に加入しなくても大丈夫。
    ・担当FPの態度に至らない点などがある場合は、相談の中止または担当FPの変更をすることもできます。

最新情報をチェックしよう!
>絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

週刊現代さんからお借りしてきた記事。 この記事をみたら、きっと「保険無料相談は3か所以上利用しないとだめだな」って思うと思うよ。

CTR IMG