知ってます?保険の無料相談って公平中立じゃあないんだよ。だって週刊現代にそう書いてあったもの!

保険無料相談に聞いた「結婚するときの保険の選び方」アドバイス

これから結婚される方、おめでとうございます。これから新しい生活をはじめるお二人のために、結婚するときに確認しておきたい保険の選び方について、保険無料相談で聞いてきたので紹介します。これから結婚する人は、参考にしてみてね。

 

ライフプランを考えて保険を選ぼう


結婚したときの保険選びでは、これまで独身向けの保険プランに加入していた場合、二人のライフプランを考えて、保険を選ぶことが大切になるわよね💖

 

結婚生活を始めるに当たって、食費、光熱費、住宅資金などお金の管理について、夫婦がどのように考えているのか、確認することが大切🎉

 

結婚したときの保険選びと言えば、生命保険、損害保険、自動車保険など、金額と保障内容について、保険を選べばいいと思われがち。

 

だけどね、本来の保険選びは、本人や家族が現在、どのような生活をしているのか、「ライフプラン」を考えて、将来どのように生活設計をしていくのか、再確認するよい機会なのよ🙂

 

結婚するときは、自分たち夫婦の「ライフスタイル」やこれからの「ライフプラン」を考えて、保険選びをしましょうね🎈

 

 

 

夫婦共働きをこれからも続けるのか、子供を授かる予定があるか、マイホーム資金は必要かなどにより、どれだけの保障が必要になるのか違ってくるわけよ🎈

 

また、結婚したことにより、万一のリスクに備える必要性が大きくなるわよ💦結婚後、自分が病気やケガで収入が途絶えた場合、独身時代は本人にしか影響はありませんが、パートナーのための保障や、子供ができたときの保障なども、考えなきゃならないわ👍

 

また結婚後は、保険料が家計を圧迫しないようにする必要性も出てきます。死亡保障を掛け捨てタイプにして、毎月の保険料の支出を抑え、万一のリスクに備えることも可能ですよ🎈

 

結婚した時の医療保険の選び方

結婚したときの保険選びでは、医療保険についても検討することが必要よ。

 

最近は結婚前に妊娠したり、子どもが生まれたりといった「できちゃった婚」「デキ婚」「授かり婚」などが多くなっているから、女性は結婚、妊娠前に医療保険に入れるようにすることが最適なの。

 

妊娠のリスクの一つに難産があるわよね💦

 

例えば、吸引分娩などがひとつの例です。

 

吸引分娩とはお産が始まっても、赤ちゃんがなかなか子宮口から出られない時に、金属やシリコン製カップを胎児の頭に吸着させて、引き出す分娩法のことよね。

 

某サイトでのアンケートの結果では、1400人以上のお母さんへのアンケートしたところ、吸引分娩を経験した人が1割以上もいたというデータもあったわよ💦💦💦

正常分娩でなかった場合、加入条件が不利になる

女性は将来、結婚、妊娠、出産を控えている可能性があり、医療保険が妊娠や出産のリスクに備える心強いお守りになるわね。

 

でも、妊娠が発覚したのちや、出産後の医療保険に入ろうとすると、多くの制約が発生する場合があるのよ。

 

例えば上で紹介したような、「吸引分娩」など正常分娩でなかった場合、出産後に保険の加入しようとすると、加入条件が不利になり、多くは特定部位の不担保条件付きになったりするわ💦

 

特定部位の不担保とは、保険会社が指定した部位に生じた病気(子宮外妊娠など)の入院手術に、給付金が支払われないことを指すわ。

 

また、出産経験がある女性が医療保険に加入する際、過去5年以内に子宮外妊娠などの手術歴があれば、特定部位の不担保条件付きになることがあります。

 

だから、女性向けの医療保険加入を検討しているなら、妊娠前に保険加入することをおすすめということになるわね💖

 

女性特有の病気に厚い保証の保険

正常分娩でなく帝王切開や子宮外妊娠手術は、医療保険の手術給付金の対象よ💦

 

子宮外妊娠は子宮以外の部位に受精卵が着床することで、全妊娠の1%の確率ですが、必ず手術する必要があり、帝王切開と同様に確率が増加しているわね💦💦💦

 

正常分娩でなかった場合の、女性特有の病気に手厚い保障の保険の事例を紹介しておくわね🙂🙂🙂

新キュア・レディー

新キュア・レディーは、オリックス生命が女性向けに提案している、女性特有の病気に対して保障を厚くしている保険です。

 

乳がんや子宮筋腫といった女性特有の病気はもちろんですが、さらに胃がんや結腸がんなどすべてのがん(悪性新生物・上皮内新生物)で入院した場合には、主契約の入院給付金に上乗せして、女性入院給付金を上乗せ保障してくれます。

 

新キュア・レディーが人気なのは、お値段がお手頃で、終身保障という点にもあります。若いときに加入すれば、その加入時の代金で、更新することなく、一生涯保障が続きます。この一生涯保障が続くというのはとても嬉しいです。

入院給付金日額 女性
30歳 40歳 50歳
5,000円 1,928円 2,075円 2,637円

 

終身医療保険プレミアムDX Lady

終身医療保険プレミアムDX Ladyは、チューリッヒ生命の、終身医療保険プレミアムDXに、女性特有の病気に対して保障を厚くしている保険🎈

 

乳がんや子宮筋腫といった女性特有の病気はもちろん、糖尿病などで入院された場合も手厚い保障が受けられ、主契約の入院給付金に上乗せして、女性入院給付金を上乗せ保障してくれるのよ😁

 

ストレス性疾病延長入院特約を付加した場合、入院が長引きがちな病気の保障日数を延長することができます。

 

新キュア・レディーと同様に、お値段がお手頃で、終身保障ですが、新キュア・レディーと比較すると、若いときの保険料が安く抑えられています。

 

若いときに加入すれば、新キュア・レディーより安い保険代金で、更新することなく、一生涯保障が続くわよ💖

 

入院給付金日額 女性
30歳 40歳 50歳
5,000円 1,852円 2,272円 3,187円

 

ちゃんと応える医療保険 レディースEVER

アフラックの女性向け一生涯医療保障、「ちゃんと応える医療保険 レディースEVER」は、女性特有の病気入院を手厚く保障しているわ💖

 

アフラックの女性向けの保険加入で、病気やケガの一生涯保障、乳がんや子宮筋腫など女性特有の病気入院保障、通院治療、日帰り手術保障、先進医療の一時金支払いがあります。

 

アフラックの女性向けの保険加入で、帝王切開、子宮外妊娠、妊娠中毒症など妊娠出産のリスクに備えられるわよ。

 

また「ちゃんと応える医療保険 レディースEVER」の特徴は、上で紹介した二つの医療保険にはない、「退院後だけでなく、入院前の通院も保障」している点にあります。

 

特約もいろいろと付与できるので、ちゃんと応える医療保険 レディースEVERは慈雨分にあった保険選びができる女性向けに充実させた保障プランになっています。

 

入院給付金日額 女性
30歳 40歳 50歳
5,000円 1,794円 2,104円 2,889円

結婚するときの保険の選びには、保険相談を上手に使おう

 

結婚するということは、家庭の人生を考えるようになるタイミングですから、保険選びの対象範囲が広くなるわよね。

 

女性に特有な病気を対象に保障する女性保険や、老後に備えて、個人年金保険を検討すること必要よ。

 

婚して子供ができて家族が増えたという人なら、自分の保険だけでなく家族の保障についても考えなきゃね。

 

保険は万が一のときのために加入しておきたいとは思っていても、保険料が負担になるため、なんとなく足が遠のく・・という人は多いのが現状かもしれないわね💦

 

特に小さい子供がいる人は、これから育てていく過程でいろいろな費用がかかることになるから、保険料は抑えたいというのが多くの人の気持ちかもね。

 

 

そこで必要なことは、保険料を下げる工夫です。

 

そんなことできるの?と思われる人がいるかもしれませんが、それができるのが無料保険相談なの。

 

保険料を負担に感じている人にこそ、無料保険相談を利用して、保険を下げる方法について学んでいただきたいわ🎈

 

保険の見直しでは、保険のプロフェッショナルであるファイナンシャルプランナーが、相談を担当しれるの。専門家であるFPが、数多くの保険商品の中から、相談者に最適な保険をアドバイスしてくれるわ🎉

 

担当するFPはどこかの保険会社に所属しているのではないから、数ある保険会社の保険についての知識を持っているわよ。相談者の希望や状況、家族などのことも聞いたうえで、保障を手厚く、保険料を抑えられる保険を提案してくれるわ。

 

保険無料相談を上手に利用したほうが、絶対にお得よ。

「保険無料相談に聞いた「結婚するときの保険の選び方」アドバイス」まとめ

最後まで読んでくれてありがとう。

 

保険無料相談は、いくつか利用して比較しないとだめよ。
理由は、こちらのページを見てね↓↓↓
関連記事

週刊現代が保険相談の裏側を暴露。保険ショップは公平・中立じゃなかった!週刊現代が暴露した内容を引用しながら、失敗しない保険選びについて、夢子の体験を交えながらご紹介。 夢子のブログに来てくれたあなたには、保険選びを失敗して欲しくないの。 […]

 

この記事をみたら、「保険相談っていくつか比較しないとダメだな」って思うはずよ。

最新情報をチェックしよう!
>絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

週刊現代さんからお借りしてきた記事。 この記事をみたら、きっと「保険無料相談は3か所以上利用しないとだめだな」って思うと思うよ。

CTR IMG