ガン保険と医療保険は両方入ったほうがいいの?

病気や怪我による入院や手術の保障をする保険は医療保険ですが、他にがん保険と言う保険がありますね。医療保険だけ加入すればいいのか、両方加入すべきか、このページでは「ガン保険と医療保険は両方入ったほうがいいの?」ということで、FPさんに解説して頂きます。

ガン保険と医療保険は両方入ったほうがいいの?

病気や怪我による入院や手術の保障をする保険は医療保険ですが、他にがん保険と言う保険がありますね。

 

医療保険だけ加入すればいいのか、両方加入すべきか、混乱しやすいかと思います。

 

今回は、ままFPの「のん」さんに、がん保険の仕組みと医療保険との兼ね合いを考えた、がん保険の選び方について、解説して頂きます。

 

 

このブログ「保険無料相談の口コミの裏側」について

 

夢子
こんにちわ、夢子です。

このブログは、今まで15回の保険無料相談を体験した夢子が、保険の無料相談の【暴露記事】を紹介するブログです。

 

保険の無料相談の裏側を知ることで、「失敗のしない保険選びができるといいな」と思って、紹介しています。

 

 

夢子
失敗しない保険選びをしましょうね。

 

【週刊現代】と【週刊ダイヤモンド】が保険相談の裏側を暴露。保険ショップが受け取る手数料にビックリよ!

 

 

このページでは、「ガン保険と医療保険は両方入ったほうがいいの?」ということで、ママFPの「のん」さんへ解説して頂きます。

 

夢子の15回の体験も見てね↓↓↓

保険無料相談ってしつこい ? 15回以上利用した夢子が「しつこい」勧誘を体験した【保険無料相談】

【おすすめ記事】夢子が夫の『病気があっても入れる保険』の高い保険料を安く切り替えができた方

 

 

夢子
それではのんさんお願いします。

 

 

のん
はい、それではここからはのんが解説します。よろしくお願いします。

 

なぜ「ガン保険」だけ特別扱いなのか?

 

のん
まず、なぜガン保険だけ特別扱いなのかについて、解説しますね。

がん保険とは、商品名の通りがんになると保障される保険です。

 

通常、心筋梗塞や脳卒中などは入院となっても医療保険のみ対象となり、心筋梗塞保険や脳卒中保険など専門の保険はありません。

 

なぜ、がんだけ別途保険があるのでしょうか。

 

それは、がんが日本人の死因の第1位でありがんで亡くなる人が非常に多いと言うことと、がん特有の症状や治療法のためなのです。

 

日本人の死因第1位は悪性新物質(がん)です。2位は心疾患(狭心症、心筋梗塞など)ですが、がんが総数に占める割合が約30%であるのに対し、心疾患はその約半分の16%程度です。

 

がんは、誰しもがなるかもしれない病気としてしっかりと備えておく病気だと言えるでしょう。

 

のん
ガンは誰しもかかる病気だと備えておく必要性はあると思います。

ガン保険と医療保険の違い

ガン保険と一般の医療保険との一番大きな違いは、ガンは長期にわたる治療を前提にしているということです。

 

 

のん
ガン保険は、長期にわたる治療を前提にしている点が大きく違います。

先ほどお話した通り日本人死因1位のがんですので、がんになりそうな細胞(上皮内新生物)でも手術される方が多いです。

 

さらに、がんと診断されて治療を始めるとなっても、今は手術をする他に薬物や放射線を使い通院治療される方も多いのです。

 

通院治療のメリットは、お勤めされている方は会社を休む必要もなく、お子さんがいらっしゃる女性でも家事育児をしながら治療ができることです。

 

実は通院治療は、医療保険ではカバーされないのです。医療保険は入院、手術に対しての保障であり、通院保障を別途つけたとしても、入院して引き続き通院治療を行う場合のみ保障対象となります。

のん
医療保険の通院保障は、入院したのちの通院が対象です。

ご存じのとおり、がんは手術で切除をしても、転移して別の部位ががんになることがあります。

 

医療保険には、入院の際に支払う日数が決まっています。医療保険で入院日数60日はスタンダードな保障内容です。

 

60日とは同じ病気の入院は通算されてしまいます。がんで20日入院し、しばらくして45日入院したとすると、60日をオーバーしているので5日は支払われないのです。

 

これらを踏まえてがん保険は、診断一時金と日数制限のない入院給付金と言う内容になっています。

 

のん
通院保障はどこまで対象になっているか確認が必要ですよ。

 診断一時金と入院給付金の考え方

診断一時金とは

診断一時金とは、がんと診断された場合に支払われる100万円などまとまった保険金のことです。

 

通院治療でも日帰り手術でも、これで治療法による保障の違いに悩みません。

 

また、入院給付金もがんであれば何度でももらえますので、安心ですね。

 

がん保険は、診断一時金がきちんとついていればとりあえず安心できますので、これだけは外せないポイントです。

 

 

のん
診断一時金が何回支払われるかの確認も必要です。

 

入院給付金については、日数制限があるものの医療保険でも対応可能なので、がん保険と医療保険どちらも加入の場合は、両方から保険金がもらえます。

 

また、がんは病気なので治療には健康保険が適用されますし、月に健康保険利用の治療費が一定額になれば高額医療費と言って一定以上はお金がかからない仕組みもあります。

 

そのことも考慮して入院日額を設定されるといいでしょう。

 

先進医療特約について

他には、絶対外せないポイントとして先進医療特約があります。

 

先進医療は、健康保険適用にならない最先端の治療法のことで、がん治療にも先進医療となる治療があります。

 

先進医療の約30%はがんにかんする治療法です。

 

例えば陽子線治療と言う治療法は、費用が約290万と高額です。

 高額療養費制度は先進医療では適用されないので注意

先ほどお話しした高額医療費も、健康保険が適用される場合でないと利用できませんので、先進医療で治療を行った場合は限度額がなく全額自己負担となります。

 

診断一時金では足りなくなりますので、先進医療特約を付帯すると治療費が保障されます。

 

医療保険にも先進医療特約がありますが、医療保険に付帯の場合、がんにも適用されるかは必ず確認して下さい

 

のん
医療保険の先進医療特約の対象についても確認しましょう。

適用されない場合は、がん保険に特約付帯をしないと先進医療によるがん治療が保障されなくなってしまいます。

 

「ガン保険と医療保険は両方入ったほうがいいの?」まとめ

このようにがん保険は、がんに特化した保険のため普通の医療保険とは保障が異なります。

 

また、がんは医療保険も適用になりますので、入院給付金が両方の保険から出てこんなに保障つけなくてもよかったな、保険料抑えたかったと思わないようにきちんと調整しましょう。

 

がんになったときに、安心して治療ができる保障にしたいですね。

 

のん
必要な保障があるか。ダブっているものが無いか。確認することが大切ですよ。

 

夢子
ガン保険と医療保険しっかり見比べるのが大切ということですね。のんさんありがとうございました。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。もう少しだけ、お付き合いしてね。

せっかく夢子のブログに来てくれたあなたには、保険選びを失敗してもらいたくないの

 

はじめに言ったけど、このブログは、保険無料相談の口コミを鵜呑みに信じたら駄目よ。だって裏側があるんだもの。という【暴露記事】を紹介するブログです。

 

夢子
保険無料相談の口コミは、鵜呑みに信じてはダメよ。こちらの暴露記事は、必ず目を通してね。

【週刊現代】と【週刊ダイヤモンド】が保険相談の裏側を暴露。保険ショップが受け取る手数料にビックリよ!

 

それでは、またね。

 

2019年夢子のおすすめ保険無料相談

  • 保険見直しラボ
    4.5

    保険見直しラボ

    ・確実に相談したいければ、保険見直しラボがおすすめ。
    ・全国約60拠点と訪問型保険代理店では最大級!
    ・約30社の取扱保険会社(他保険代理店と比べてもトップクラス)から、ピッタリの保険をオーダーメイド。
    ・平均12.1年と競合他社(他保険代理店、他FP紹介サービス)の中では NO.1のベテランFP揃い!
    ・何度でも無料で相談できる。
    ・強引な勧誘は一切なし。

  • 保険コネクト
    4.7

    保険コネクト

    ・夢子のイチ推しの保険無料相談。
    ・窓口オペの対応は、悪い場合もある。
    ・だけど、それを補って余りある「保険FP」の態度と提案内容。
    ・キャンペーンは「もれなくプレゼント」と「WELBOX」のキャンペーンあり。
    ・WELBOXは、ステイ&リフレッシュ:全国約26,000の宿泊施設と、15万以上の海外ホテルが会員価格でご利用いただけます。
    ・ライフサポート:全国約40,000施設の健康・育児・スポーツなど、さまざまな生活メニューが利用できます 。

  • 保険マンモス
    4.1

    ・保険無料相談の老舗。
    ・日経BPのランキングで、主要部門で第一位を獲得。
    ・希望する場所・時間に合わせて、FPが訪問し、面談形式でアドバイス。
    ・初回の面談は、現在の保険加入内容の診断や家計の状況をヒアリング。二回目以降の面談では、お客様に必要な保険プランの提案や家計改善のポイントなどをご説明。
    ・あくまで提案なので、保険に加入しなくても大丈夫。
    ・担当FPの態度に至らない点などがある場合は、相談の中止または担当FPの変更をすることもできます。

 

こちらもおすすめ

関連記事

保険無料相談をしてポイントをゲットできるポイントサイトは大変ありがたい存在です。なんといっても、保険の選び方を無料でできて、しかもポイントまで獲得できるんですから。保険相談をしてポイントをゲットできるポイントサイトについて調べてみました。 […]

最新情報をチェックしよう!
>絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

週刊現代さんからお借りしてきた記事。 この記事をみたら、きっと「保険無料相談は3か所以上利用しないとだめだな」って思うと思うよ。

CTR IMG