商品券6000円で評判の「みんなの生命保険アドバイザー」を体験してみたら・・・

6000円の商品券(※)で評判のみんなの生命保険アドバイザーの無料相談を体験した、「あきさん」に、みんなの生命保険アドバイザー相談の様子をアンケートに答えて頂きました。みんなの生命保険アドバイザーのFPさんは、単刀直入に必要な保険とそうでない保険について教えてくれて、良い相談ができたたそうです。
※「みんなの生命保険アドバイザー」の商品券サービスは2017年4月に中止になり、「黒毛和牛のプレゼント」に変更しています。

 

 

黒毛和牛プレゼントに替わっています。

 

 

商品券ではないけれど、保険無料相談をしてキャッシュバックする方法がるわ。少し手間が掛かる方法だけど、確実にキャッシュバックできます。過去記事で紹介してるので、興味のある方はこちらを見てみてね💓
関連記事

保険無料相談をしてキャッシュバック。以前は保険無料相談して5000円の商品券ってキャンペーンがありました。だけどこのキャンペーンは2017年の4月で終了。そんななか、2019年9月末まで限定で、1万円以上キャッシュバックできる方法についてお[…]

 

 

それでは、みんなの生命保険アドバイザーの体験者さん「あきさん」(33歳・東京在住)へのインタビューの様子を紹介するわね。

 

「みんなの生命保険アドバイザー」を利用しようと思ったきっかけについて

まずはじめに「みんなの生命保険アドバイザー」を利用しようと思ったきっかけを教えて下さい。
加入している保険に疑問を感じていましたので、誰かに相談したいと思っていました。
私は、加入している保険に疑問を感じていましたので、誰かに相談したいと、ずっと思っていました。
就職したから、結婚したから、子どもが生まれたから…保険に加入する理由は人の数だけあれど、「一応」「念のため」といったごくごく軽い気持ちでとりあえず入った、という人も少なくないのではないでしょうか。
また生命保険に「加入した事実」に安心してしまい、10年20年、保険の内容もよく把握しないまま放置…なんてこともありがちですよね。
私の場合、新入社員になったころ、某大手の保険会社の方から薦められた保険に、なんとなく入ったまま、そのままの状態になっていて、「これでいいのかな」とずっと疑問に思っていて、「誰か詳しい人に一度相談したいな」って、ずっと思っていたのが、保険の無料相談を利用しようと思ったきっかけです。
そんなとき、「保険無料相談をして6000円の商品券」(※)というキャンペーンを見て、「みんなの生命保険アドバイザー」を利用しようと思いました。
※「みんなの生命保険アドバイザー」の商品券サービスは2017年4月に中止になり、「黒毛和牛のプレゼント」に変更しています。
夢子から:商品券ではないけれど、保険無料相談をしてキャッシュバックする方法があるわ。少し手間が掛かる方法だけど、確実にキャッシュバックできます。過去記事で紹介してるので、興味のある方はこちらを見てみてね💓
関連記事

保険無料相談をしてキャッシュバック。以前は保険無料相談して5000円の商品券ってキャンペーンがありました。だけどこのキャンペーンは2017年の4月で終了。そんななか、2019年9月末まで限定で、1万円以上キャッシュバックできる方法についてお[…]

 

 

みんなの生命保険アドバイザーの申し込みから相談に至るまでの様子

みんなの生命保険アドバイザーとの相談はスムーズにできましたか?
申し込みしてから、実際に相談できるまでは、少し時間がかかりました。

 

ファミレスは不可「みんなの生命保険アドバイザー」

名前や住所、家族構成など指定された項目を一通り記入し無料相談を申し込むと、次にアンケート画面が開きます。

 

ここで現在加入している保険内容についてもう少し詳しく書き込むわけですが、このアンケートを記入しなくても後日電話にて聞き取り調査があるのだとか。

 

医療保険やがん保険など見直したい保険内容や相談の旨を記入し送信し、とりあえず申込みは終了。

 

尚、よくある保険相談窓口のように店舗があるわけではないので、面談の場所は顧客の自宅かファミレスや喫茶店などのお店(ファーストフード店はプライバシー保護の関係上不可)になるようです。

 

電話がなかなか繋がらくて、少し不安を感じた「みんなの生命保険アドバイザー」

翌日、スマホに早速先方からの着信がありました。

 

仕事中で電話に出ることが出来なかったため、夕方にこちらから折り返しの電話を入れました。

 

案の定「みんなの生命保険アドバイザー」にはなかなか繋がらず、諦めて再度の着信を待とうかと思い始めた頃、ようやく若い男性が電話口に。

 

スマホに着信があったことを伝えると、かなり慌てた様子で「確認します」と再び待たされること数分。

 

かなり慌てていた感じでした。

 

先方の「みんなの生命保険アドバイザー」の男性によると、先程の着信は保険内容の詳しい聞き取り調査のための電話だったのだとか。

 

昨日ネットの方から既にアンケート回答を済ませた旨を伝えると、「みんなの生命保険アドバイザー」の男性は、また少し混乱したような口調で「そうですか、本部からまだ連絡が来ていなくて…」「もう回答されていらっしゃるのなら、間違って電話してしまったのだと思います。今担当するアドバイザーを探していますのでお待ち下さい」とのこと。

 

どうやら「みんなの生命保険アドバイザー」の着信の番号はコールセンターかどこかで、保険相談の申込みや顧客の情報が集中している本部は別の場所にあるようでした。

 

それは特に珍しいことでもないのでしょうが、何となく「みんなの生命保険アドバイザー」は連携が不充分な印象があり、僅かですが不安を覚えたのも事実です。

 

電話口に出た若い男性の応対がたどたどしく不安定だったことも重なり、大丈夫だろうかと思いながらその日は電話を終えました。

 

なかなか連絡が来ない「みんなの生命保険アドバイザー」

それから2週間程度待ちましたが「みんなの生命保険アドバイザー」からの着信はなく、さすがに不安になったので思いきってこちらから電話を掛けてみることに。

 

「みんなの生命保険アドバイザー」の電話の呼び出し音が流れ、「お電話が大変込み合っております」とのガイダンス。

 

以前待たされたこともあり覚悟はしていたので電話はそのまま放置し、オペレーターに繋がるのを待ちます。

 

10分程待ってみましたが一向に繋がる気配はなく、仕事の時間が迫っていたこともありやむ無く電話を切りました。

 

翌日、時間を変えて再度トライしてみましたが、やはり「みんなの生命保険アドバイザー」の電話が繋がることはなく、もしかしたらこのまま流れてしまうのかも…?と不安になり始めた3度目の正直でやっと「みんなの生命保険アドバイザー」のかたと話をすることが叶いました。

 

今度電話口に出たのは、以前の若い男性とは違い落ち着いた口調の女性。

 

おそらくもうしばらくお待ち頂くことになる、とのお話で、「お急ぎなら面談希望可能日を増やすなどして頂ければ、もう少しアドバイザーの都合もつけやすくなるのですが・・・」とのこと。

 

仕事の都合もあり「いつでもOKです」という訳にもいかず、こうなったらとことん待ってみようと思いました。

 

ようやく担当FPが決まった「みんなの生命保険アドバイザー」

FPさんが2週間も決まらないで、他の保険無料相談を利用しようと思いませんでしたか
商品券6000円(※)というのは、やっぱり魅力を感じていましたので、待つことにしました。
※「みんなの生命保険アドバイザー」の商品券サービスは2017年4月に中止になり、「黒毛和牛のプレゼント」に変更しています。
夢子から:何度も繰り返してごめんなさい。保険無料相談をしてキャッシュバックする方法についてご紹介。少し手間が掛かる方法だけど、確実にキャッシュバックできます。過去記事で紹介してるので、興味のある方はこちらを見てみてね💓
関連記事

保険無料相談をしてキャッシュバック。以前は保険無料相談して5000円の商品券ってキャンペーンがありました。だけどこのキャンペーンは2017年の4月で終了。そんななか、2019年9月末まで限定で、1万円以上キャッシュバックできる方法についてお[…]

 

この時点で、わたしは「絶対に商品券6000円分欲しい」と思うようになっていてました。

 

しかしその覚悟も束の間、程なくして「みんなの生命保険アドバイザー」からメッセージがスマホに届きました。

「担当FPが決まりましたので、明日までに以下フォームよりご連絡下さい」との内容。

 

待たせるだけ、待たしておいて、こちらからの返事は明日までなの!!!って思いましたが、とにかくその日のうちに回答しました。

 

HPにアクセスすると、面談希望日の記入フォームが開きました。

 

第1~4希望までの面談希望日程を送信すると、先方のアドバイザーさんが他の予定と調整して具体的な面談日が決定するという訳です。

 

翌日には「面談日確定」のメールが届きましたが、やはり先方も調整が難しかったのかこちらの第3希望で会ってもらえることに。

 

 

 

翌日18時までには担当FPの詳細を記載したメールを、前日までにはFPから直接連絡しますとの内容でした。

 

結果的に詳細メールは届きませんでしたが、面談前日の夕方に担当アドバイザーさんから直の電話を頂くことができました。

最新情報をチェックしよう!
>絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

絶対に読んで欲しい週刊現代さんの記事

週刊現代さんからお借りしてきた記事。 この記事をみたら、きっと「保険無料相談は3か所以上利用しないとだめだな」って思うと思うよ。

CTR IMG